消費者金融

消費者金融について

消費者金融とは、消費者に金銭の貸付け(融資)のこと、あるいはそれを行う貸金事業者のことを指す言葉です。一般の個人に対し、その人の信用を担保として小口の融資事業を行う貸金事業者は日本に多数存在しており、そういった業者を一般的には消費者金融と呼んでいます。

 

消費者金融を利用している人は老若男女問わず多く、日本人の10人に1人はこれを活用していることが分かっています。その歴史は古く、1929年昭和4年に、日本昼夜銀行が始めたのがその発端だったそうです。

 

太平洋戦争による経済戦時体制への移行によって、日本昼夜銀行の小口融資はすぐに途切れてしまいますが、その後、1950年代半ばが過ぎると、信用金庫のような中小金融機関が消費者への融資活動に目をつけるようになり、現在のような消費者金融事業があっという間にひろがっていくことになります。

 

サラリーマンへの小口融資、いわゆるサラ金が誕生したのもこの頃です。1967年昭和42年になると日本ダイナースクラブがクレジットカードによるキャッシングサービスを開始、その後現在に至るような即日カードローンが一般的になっていくのですが、それに伴い、強引な取立てなども問題になるようになりました。即日融資 キャッシング出来ると言う甘い言葉に釣られて、ちゃんとした返済計画を立てないまま安易にお金を借りる事は避けるべきでしょう!

消費者金融の審査について!

日々の暮らしをより豊かで快適なものに変えてくれる消費者金融のサービスですが、これはあくまで借金ですので、きちんと返せるあてをもっておかなければなりません。貸す方としても、その人の返済能力をあてにしなければ、リスクが多きすぎてお金を渡すことなどできないのです。

 

そのため、消費者金融と契約するときは必ず、特定の審査を通過することが義務付けられています。消費者金融の審査はいわば、信用調査。その人が本当に借りたお金を返してくれる人かどうか、返せるだけの能力があるかどうかをチェックするのがその目的です。

 

消費者金融の審査では、主に、住所や電話番号がきちんとしているか(身元の確認)、安定した収入はあるか、安定した収入を得る先にきちんと在籍しているか、これまでに消費者金融でトラブルを起こしていないか、他の会社で借金はないか、もしくはどれくらいあるか、それらがきちんと返済されているか、といったことがチェックされます。

 

一番大切なのは、安定した収入で、これがないのにお金を借りようと思っても、返せるあてがないということでまず審査に落ちてしまいます。また、収入の金額いかんで借りられる額にも変化が生じます。

消費者金融を利用時の注意点

手軽で便利な消費者金融のサービスですが、これはあくまで借金であるということを忘れてはなりません。当然のことですが、借りたお金は耳をそろえて返すこと。それが出来なさそうであるのなら、消費者金融には手を出さない方が身の為でしょう。

 

借りたお金を返すためにまた別の消費者金融からお金を借りて、そのお金を返すためにまた違う消費者金融にお願いして・・・・・・といった自転車操業に陥る人は案外多いものです。

 

消費者金融を利用するときの一番の注意点ともいえる、この「返済の目処」は、誰よりも自分が一番分かっているはず。収入や生活費をよく考えて、無理なく返せる範囲の金額しか借りないなど、あらかじめ返済計画をしっかり練っておきましょう。それ以前に、収入が低ければ低い金額しか借りることはできませんから、まあ問題はないと思いますが、それでも念には念をいれることです。

 

また、消費者金融を利用するとき、あまりにも金利が安かったり、上手い話にはのらないようにしましょう。少しくらい金利が高くても、知名度がある消費者金融や実績の確かな消費者金融にお願いした方が、トラブルの危険性を回避できます。不法な取立てに泣きたくなければ大手を選ぶのがおすすめです!

 


ビジネス・仕事ランキング